意味のある動きの再現。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動きの伴う模型の場合には、部品は行き来するときのクリアランスも気にかけないといけない。

加えて、動作スピードも変更しないとヘンな感じになってしまう。

例えば「100mを10秒で走る」動きを1/100にスケールダウンするとしたら

まず、100mを10秒だから=10mを1秒で走る。

1/100にすると「1mを0.1秒」で走ることになる。

作ることはできるけど、模型にする意味の「分かりやすく伝える」ことができない。

ましてや、ランナーの走る動きまで再現すると…。

これを工作機械の模型でやると、クリアランスや動力伝達などさらに複雑になる。

見た目よりタイヘンなんですから、あんまり値切らないでください。

お願いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。