かなり強引な自己完結。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実用化されている水素製造装置は、水素を使って電気と熱を作り出す。

でも水素は自然界に単体では存在しません。

まず水素を作ります。

ガスエンジンでLPガスを燃やして(都市ガスではなく、ボンベに入ったLPガス)

CO²を排出しながら「LPガス・電気・酸素」で改質(「燃やす」の言い換え)して水素を製造します。

それからやっと電気を作ります。

水素と酸素を「電気」で化学反応させて電気を作ります。

トラックでLPガスを運んできて、

電柱から電線を引く工事をして、電気を通して

軽自動車くらい騒音のするガスエンジンを動かして

エンジンの熱でお湯を沸かして

って

そんな空気のキレイそうな過疎地で

回りくどく

なにやってんの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。