ところで「構想」ってナニ?

大まかに言うと、どんな映画が観たいですか?と訊かれたとき

細々と答えず、ホラー、アクション、ラブストーリー、ハートウォーミング、

勧善懲悪のヒーローもの、宇宙対戦、チャンバラとか、大ざっぱに言う。

あんな感じです。

それはナンとなく「好み」のように感じられるけど、最初はそれでイイんです。

不都合があれば変更するなり妥協するなりすればイイんです。

ストライクゾーンが針の孔ってわけじゃないんです。

だいたいこのあたり~で進めてしまっても本番までに挽回すれば大丈夫です。

ウマいもん食べさせまっせー。

イベントのご相談を承るとき、先ず「構想」をお伺いする。

構成でも目的でも目標でもなく「構想」です。

初対面の来場者は論理的に咀嚼しない。

論理的に料理を作っても、口に入れて気に入るか否かの評価でしかない。

食べて、どう感じさせられるか?を先行して考えてから、論理的に作ればイイと思う。

上手くいかせるコツ。

とある単館映画館の出口で 「私が出演している映画です。ぜひご覧になってみてください。」

と 一人一人に声をかけながらチラシを配っていた。

一週間限定レイトショー。

主演女優さんなんだろうな。

レイトショーということは一日1回の上演。

7日間で計7回。

単館上映。

キメたい!

ココでチャンスを掴みたい!

という気持ちが伝わってくる。

大丈夫。

きっと上手くいく。

今さら売上至上主義の見直しかよ。

イオンの総菜コーナーで試食販売がスタートした。
やっとですね。
廃棄ロスをなくすことが、利益の確保になることはご存じだと思っていたのですが。
規模拡大で誤魔化していたんでしょうか。
産直市場や青空マーケットでお店を出している人のほうがリアルに感じているのかもしれません。
店頭に立ってみれば?

昭和の死語。

どんな業界でも、ちょっとベテランになると言いたがる
「そこまですること(必要)はない」。
とりあえず「あなたに未来はない」ので、ご自分と一緒に昭和へ置いてきてください。

とあるマネージャーの下手な言い訳。

ギャラによって働き方が違うんですよー。
安いからダラダラしがちなのは仕方ないんです。
ナンだそれ・・・!?。
じゃあ今すぐ、時給100万円を払うから100万円の働き方を見せてみて!

やりたがり

子供のころは誰しも、見聞きするもの、触れるものなど、あらゆる物事に好奇心マンマンだったはず。
でも年を重ねるごとに、そういった気持ちが薄れていってしまう。
と、ぼんやりネットサーフィンしていたらグッと引き寄せられるページに出会った。
https://kickstarter.likeplus1.net/
時間のある時にどうぞ。

お勉強ができる子。

秋田県の過疎化がヤバいらしい。
65才以上割合は、1位
平均年齢は、1位
住宅地標準価格は、45位(最下位)。
2015年の公立小中学校・全教科の学力テストは、一位。
学力と過疎化の関係は・・・。

負けない方法。

手数を減らしたら負ける。
ラウンドを重ねるのをイヤだなと思ったら負ける。
弱気になったらアウト。
たとえカラ元気でも強気で押し切る。

できることから、やってみる。

モノゴトが上手く進まないとき、アレコレ考えて堂々巡りになって悶々とする。
そんなときは、できることからやってみる。
問題点を書き出すとか、解決策を書き出すとか、そんな大そうなことではない。
ペンをとって文字を書いてみる。
ナンでもイイ。
書くことが思い浮かばなければ、雑誌を書写するのでも構わない。
そうしたらナニか思いつくかもしれない。
思いつかなくても、悶々よりはまし。